相続トラブルイメージ

遺言は最後の意思表示の象徴

遺言とは、想いや他の家族や遺産のことについて、物事がスムーズに行えるように、故人の最終的意思表示ですので、原則的にどんなことでも優先させなければなりません。
また付言・寄与分・特別受益の持ち戻し・遺留分などの遺書の作り方もあります。
また遺言公正証書で作成するには、あらかじめ用意しておくと便利です。
遺言者本人の印鑑登録証明書(三か月以内に発行されたもの)1通・相続人に相続させる場合には、相続人の続柄が親子や親せきであるなどです。
このように、どの方にも万一のことがある場合に、ちゃんと体や意思表示がしっかりとされてるうちに、一度を書いてみるのも、ある意味自分への身辺整理へもでき、見つめなおすこともできます。
もちろん健康なうちでも、遺言書というものも、まだまだそんなのは先だという考えは控えて、何が起こるかわからないのですし、万が一そうなったとしても、遺言書がなければ、自分のしてきたことが、水のあわになるのではと思うと残念でさみしい気もします。
遺書は、病の方や高齢者が書くものではありません。
若い方だって、元気そうな方も一度は、書いておくほうが少しは安心するのではないでしょうか。
意思表示ができなく周りに流されるのでは、勿体ないよう気がします。
そして遺産相続も後で、困らないように、あとの家族や親せきのことを思うなら。
日頃から、確認して話し合う機会を設けるのは大事なことです。
あとは、家や物も売ってもいいもの・売ってほしくないものなど、細かなことを決めておく・あるいは紙に書いておくようにするといいです。
また故人が入院していた治療費なども滞納されているなら、親せきや兄弟へと支払がくるのですから、できるなら迷惑かけないように治療費をおさめていくか、また貯金を残してご家族のためにも、管理をされているほうがいいと思います。
急には大変だと思いますので、少しずつ、お時間があるときに、思い出す項目をあげてメモにして保管しておき、改めて書き直しておくと便利かもしれません。
またご家族や親せきに実際に目を通して頂き感想や確認をとっておくといいででょう。
生きていくなかで、時間を大切にし、最後まで管理をされていると周りも気持ち良い生き方、悔いのない生き方へと導いて頂けるのではないでしょうか。
またこれがお手本になって、若い方も学んで紙に書こうという機会を与えていくほうが、自己管理や人生の管理へと無事にたどり着けるのではないでしょうか。

Copyright(C) 2010 ゆいごん.com All Rights Reserved.